中折れ改善・対策

52歳中折れを改善さえた妄想エロ雑誌「性生活報告」でギンギンに

性生活報告
妄想力

精力剤選び、精力増強ノウハウのアドバイザー、ボッキオです。

中折れする人の原因の一つに、ムラムラ感が足りません!

いきなり入ります。

66歳でも現役バリバリの人がいます。
こういった年齢でも現役バリバリの人は、医師も結構いますよね。

職業柄、看護師とやりまくって、というのが多いようです。
夜勤中に、夜勤明けに、ということも。。

看護師ってかなり積極的です。
生死の境目を何度も見ていると、そうなるのかなと思います。

以前、経験してすごかった看護師は、もう膣の奥がキューっと締め付けてきてすぐにイキそうになったぐらいです。

ボッキオは、もちろん、看護師と付き合った経験有りです。

一度は、経験したい職業ナンバー1じゃないかなと思うぐらいです。

あと、人妻とのセックスは、経験すると、やみつきになる人が多いのはわかります。
スリルがあるからです。

このスリルでお互い燃え上がりますが、ハマると大変です。

あと、芸能人の元モーニング◯、矢◯みたいに、家でやるのはダメです。
相手の家もダメです。

リスクがかなり高いですからね。

不倫の場合は、きちんと、逃げ道を考えてセックスする事を第一に考えないといけません。
そうしないと、落ち着いてセックスに集中出来ません。

いきなり、旦那が帰ってきたらどうしよう、という心配があります。
まあ、ハマり過ぎた人は、それがより燃え上がらせるのかもしれませんが。

寝室でセックスすると、帰って来た時に、妙な違和感というか、何となく雰囲気が残っているんですよ。
ホテルみたいにキレイに掃除しないですからね。

それで、バレる、というのが多いです。

50代になって、中折れする人で、朝立ちがちゃんとしているなら大丈夫ですが、朝立ちしない人も結構います。

朝立ちは、週2回は最低必要

これぐらいが一つの目安です。
朝立ちしていないと、勃起力はかなり低いので、中折れする率はかなり高いです。
毎日なくても、十分セックスは楽しめますからね。

中折れする人の原因の一つに、ムラムラ感が圧倒的に足りない、というのがあります。

ムラムラしないので、勃起力がないのです。

ただ、勃起力は、バイアグラなどでカバー出来ます。
ただ、ムラムラ感は、バイアグラなどではカバー出来ません。

このムラムラ感が高まると、セックスを楽しめるようになるので、かなり変わってきます。

そして、このムラムラ感を高める方法の一つに、妄想する事です。

中学生みたいですが、これが意外と効果があります。

40代とか50代になってくると、生々しいAV動画を見たいと思う人は少なくなってきます。
だからと言って、コンビニでエロ雑誌を購入するのも恥ずかしいし。。。

最近、コンビニのエロ雑誌は売れなくなってますからね。
とは言っても、50代、60代で結構買う人がいます。

その人たちだけで持っています。
ネットが使える人が少ないから、というのが大きな理由です。

今の、20代、30代は、ネットでたくさん無料エロ動画が見れますからね。

コンビニなどのエロ雑誌で、カラーで見るのもありですが、中折れする人たちは、そういった雑誌よりも妄想力。

こちらを鍛える方が大事です。

中折れに足りないものは、妄想力

性生活報告
(参照:Amazon

妄想して、ムラムラ感を出します。
キレイな写真や動画だとなかなかムラムラ感って出てこないんですよ。

妄想に持って来いなのは、官能小説などです。

中でも、

「性生活報告」

これが一番です。

もうAVのようなシチュエーションが、作られた感じではなく、エロ満載で、妄想が膨らむような描写で書かれています。

さらに、一般の読者から投稿されたセックスの体験談というのもポイントです。

生々しさがあるのでより妄想できるんですよ。

AVって、作られた感があって、すぐに裸で前戯的なものがなかったり、痴漢物でも、作られた感があるので、演技も下手くそですよね。

だからAVは、素人ものがかなり人気です。

人間、一度はこんな感じでセックスしてみないな〜という願望的なものがあります。

学校の先生と体育倉庫で・・・
隣の未亡人がお風呂あがりに玄関から出てきたところでばったりあって、エロい展開に・・・

って、若いころ想像した事ありませんか?

自分が主人公になった感じで、その体験を妄想出来ます。

こうやって、妄想力を鍛えると、中折れする事はほぼなくなります。

挿入してても、気分が盛り上がらず、ムラムラしないから、中折れしてしまうっていう事ですからね。

中折れすると、軽い鬱状態になる人もいます!

中折れする人は、それが続くと、軽い鬱状態になります。

自信がなくなって、セックスから遠ざかる傾向にあります。
ショックですからね。

また、奥さんや不倫、浮気相手からも冷たい視線がぐさりと刺さります。

「仕事で疲れてるからね。」
「また、次は大丈夫よ。」

こんな言葉を投げかけられるのですが、1度ならいいですが、2,3回続いていくと精神的ダメージはでかいです。

こうなると、克服は、やっぱりセックスになるわけですが、妄想力です。

軽い鬱状態だと、自律神経が乱れていることが多く、これを刺激するにはムラムラ感です。

先ほどの、「性生活報告」を読んで、いろんな妄想をする。

そうすると、脳からドーパミンが大量にどばーーーと分泌されます。
それが、体中に浸透していくので、体が違ってきます。

やっぱりセックスって良さそう。
もう一度、俺もこんなセックスがしてみたい。

という気持ちになってきます。

一度、気持ちよく射精すると、あの快感が予備戻ってきますよ。

そのためには、妄想して、ムラムラ感を呼び戻す。

軽いうつ状態の時ほど、官能小説や、「性生活報告」です。

文字だけしかない時こそ、楽しめる事が大事です。

まずは、1〜2週間程度読んでみては。
アマゾンで、買えます。


52歳でEDに悩まない!精力剤選びと精力増強ノウハウ|ボッキオのTOPページ

※このサイトで紹介している各種ノウハウは、個人差があります。
あくまでもみなさんの判断と責任のもとで参考にしてください。

精力剤サプリ14個以上、42人が試してわかったオススメは!
精力剤サプリ特集

精力剤サプリって増大系とかもあるけど、実際どれを選べばいいのかわからない!

そんなあなたに、勃起では、後悔しない精力剤サプリ選びのお手伝いをします。

14個以上の精力剤サプリ、増大系サプリの中から、とっておきの5個を厳選して紹介しています。

実感力、コスパ、男の自信などを香料した、あなたが実感する精力剤サプリが見つかりますよ。

精力剤サプリ特集を見る