精力増強・精力アップ

コマネチポーズで精力アップ!約30秒さする、特効ツボで刺激し即効性がある?

コマネチ

精力増強ノウハウのアドバイザー、ボッキオです。

性を楽しんでいる人は、若々しい人が多い気がしませんか?

精力の衰えには、個人差がありますが、それでも年齢には勝てない部分もあります。
50代でもまだまだ現役の人も多いのですが、60代後半にもなると、さすがにそういった人はほとんどいません。

50代でも元気な人も最近は減っており、40代前半で精力が減退する人がほとんどです。

もう歳だから

と諦めている人が大半ですが、なぜか、夜のセックスライフを楽しんでいる人の方が、人生を謳歌して、毎日楽しく過ごしているように思います。

例えば、女性の場合、40代になると閉経が始まります。
でも、この年齢になってくると子育ても手が離れるようになり、趣味もいくつか持っていて、夜の生活も順風満帆な人がいます。
そういった人は、更年期障害になりにくく、見た目も同じ40代と比べても若く見えます。

一方、30代ぐらいからすでにセックスレスになっている人は、閉経も早く訪れ、更年期障害も起こりやすい傾向にあります。

これは、女性だけではなく、男性も同じです。
女性への関心がなくなると、性以外の部分でもカラダの衰えが早く出てきます。

生殖器に関係する特効ツボがあるってホント?

ツボ

年齢を重ねてくると、精力が衰えてきますが、目立って衰えるのは、太ももの筋力低下です。
つまり、太ももの筋力が衰えてくると、精力もがくんと落ちてきます。

実は、これは理にかなった説明です。
太ももの筋肉は、私達、人間の中で最も大きい筋肉です。
ここの筋肉量が減っていると血流額悪くなり、血液の流れが悪くなります。

必然的に生殖器へ流れる血流も減り、精力が落ちてきます。

さらに、太ももの筋力が減ると、熱生産も低下し、下半身が冷えやすくなります。

これも生殖器には悪影響の要因の一つです。

精力増強のために、太ももを鍛えるスクワットや四股が一番オススメです。

ただ、スクワットだと毎日続かない人が多いので、違う方法があります。

スクワットが続かない人でもできる精力増強体操

コマネチ

「そけい部さすり」

通称:コマネチ

それが、この方法です。
このそけい部さすりは、ビートたけしが得意とする「コマネチ」とほぼおなじです。

両手の手のひらで、鼠径部をこすり上げます!

こする時間は約30秒程度。

そけい部が暖まってくるまで、こすります。

女性は男性よりも早く効果が出ます。
下半身の冷えが、性機能にも如実に影響します。

足の冷えが下腹部にまで及ぶと、性的な感度が低下してしまうからです。
それがひどくなると、不感症にもなります。

そけい部こすりは、こういった下半身の冷えを解消してくれます。
毎日行うだけで、太ももの血流がよくなり、男性、女性ともに精力がアップします。

おなかのツボをおすと、精力アップ?

お腹のツボ

おなかの中極(ちゅうきょく)というツボがあるので、押してみましょう。

中極は、おなかの正中線上で、恥骨の上端から指の幅1本分、上がったところにあります。
下記のように、押します。

中極ツボの押し方

1.おなかの正中線上で、恥骨の上端から指の幅1本分、上がったところにある中極に、親指を当てます。

2.息を吐きながらグーーと深めに押し込みます。

3.押しこんだら、息を吸いながら指をゆっくり離します。

これを7〜8回繰り返します。

中極は、位置を見るとわかりますが、生殖器にかなり近いところにあります。
女性の不妊症治療としてもたまに使われる特効のツボという感じです。

毎日、入浴中や寝る前なおに、そけい部こすりと合わせてツボを押します。
こうすることで、今までは、もう歳だから、と諦めていた精力が大きく違ってくることも。

性を楽しむと人生の充実度が違います。

若さの秘訣は、精力にあり!


50代EDで悩まない!精力剤選びと精力増強ノウハウ|ボッキオのTOPページ

※このサイトで紹介している各種ノウハウは、個人差があります。
あくまでもみなさんの判断と責任のもとで参考にしてください。

精力剤サプリ14個以上、42人が試してわかったオススメは!
精力剤サプリ特集

精力剤サプリって増大系とかもあるけど、実際どれを選べばいいのかわからない!

そんなあなたに、勃起では、後悔しない精力剤サプリ選びのお手伝いをします。

14個以上の精力剤サプリ、増大系サプリの中から、とっておきの5個を厳選して紹介しています。

実感力、コスパ、男の自信などを香料した、あなたが実感する精力剤サプリが見つかりますよ。

精力剤サプリ特集を見る

よく読まれている記事